ぱらぱらブログ

何ともない日常から何かを発見するため、頑張って更新したいです。最近はバイクの整備記録ブログと化す。

AD02 ラクーン ピストン交換とポート加工少し まだ不調

 

最近またラクーンをいじりはじめました

 

外装のボロさなど色々直したい点はありますが…今回はエンジン。

最高速が伸びないのです。

 

2st独特の甲高い音を近所迷惑に響かせながら、かたや出ているスピードは60キロ。

見た目もずいぶんイジってある感じなのにこの遅さはちょっと納得いきません。

 

古いバイクですし、キックも軽い気がする、というわけで、ピストンまわりをリフレッシュです!!

 

……とはいっても、このバイク、いかんせん部品供給がない!

ホンダの純正部品で問い合わせてもラクーンの品番(180)の部品だとほぼほぼ欠品だったりします。

となると流用しかありません。

 

データによると、シリンダーの内径×行程が39.0×41.4だそう。

調べてみると、これはns系のシリンダーと同じ。つまり流用できる可能性が!

 

さっそく、nsr50のシリンダーガスケットを買ってきて、手持ちのMB50(ラクーンと同じ)のガスケットで比べてみる。

これでうまくいけば……と思ったのですが、どうもスタッドボルトの位置が違う!!

 

ラクーンの方がボルトとボルトの間隔が狭いです。空冷と水冷だから結構違うみたいですね。これが同じならラクーンをついでに水冷化できるかもと思ったのですが。

 

さて、シリンダーはどうにもならないので、手持ちの予備エンジンから拝借。あんまり綺麗なものではないですが、こいつが実験台です。

 

そしてピストン。これもnsr50用のピストンを購入してきて、ラクーンのものと比較します。

 

f:id:kamaboko13:20180610130531j:plain

 左がラクーン 右がNSR50用のシリンダー

 

見た感じ、寸法も同じです!!やった! ピストンピンも同じで、流用できそう。

ぱっと見の違いとしては、ラクーンピストンが鉄製?で重く、nsrのものはアルミなのか、軽いです。これは性能アップも期待できそう!

それと、nsrのものはピストンの横に大きな穴?があいてます。軽量化のため??

 

ポート加工

 

せっかくシリンダーを外したのでポート加工もします。

 

とはいいつつ、ポート加工は自分も初めて。ネットを見てみると「失敗した」とか「低回転が回らない」とか色々あって不安でしたが、やってみたい興味の方が勝つわけで、ちょっと加工します。

 

f:id:kamaboko13:20180610133837j:plain

 

安物の電動ドリルと250円の金工ヤスリです。

 

f:id:kamaboko13:20180610133930j:plain

 

 

削った……??

チキンなのでそんなに多くは削りません

とりあえず排気側だけ削りました。0.5ミリか1ミリ上に上げたかな?ってくらい

 

f:id:kamaboko13:20180610134023j:plain

 

削りカスをみると結構削れてるっぽいです。意外とシリンダーってやわらかいんですね

 

ある程度削ったらシリンダーを斜め45度でクロス状にヤスリ掛けしていきます。ホーニングってやつらしいです。効果のほどは不明。

 

 

 

さあ、準備が整ったところで腰上の交換です!!

 

f:id:kamaboko13:20180611153438j:plain

 

はい。予想以上にボロいシリンダー。

走行距離は5000いってないハズなんだけど、放置期間が長いからこんなボロなのかな。

 

で、このシリンダーがかなり固着してる!!

ハンマーでたたいてもびくともしないし、ガスケットってこんな接着する??

 

最終的に貫通ドライバーをクランクとシリンダの間に打ち込んでこじあけました。30分くらい頑張ったかな…。

 

いよいよピストンとご対面です

 

f:id:kamaboko13:20180611160429j:plain

 

汚い……!カーボンが蓄積しまくってます。

 

f:id:kamaboko13:20180611195939j:plain

 

こっちが取り外したシリンダー。

画像ではよく分かりませんが、縦キズがだいぶ入ってました。こんなでもちゃんと走るんだなと驚き。

 

そして、どんどん組んでいきます

ガスケットをはがして、ピストン入れて、問題発生

 

ピストンのサークリップがつかない!!!

明らかにサイズが大きいんです。ナップスでNSR50用で売ってたのを買ってきたのに……

 

仕方ないのでサークリップをペンチで切断。サイズを小さくして取り付けました。

大丈夫かこれ……10000rpm回すエンジンなのに^^;早速雲行きが怪しいです。

 

 

そして問題点2

スタッドボルトごと外れる。シリンダーに固定されているスタッドボルトですが、ヘッドを外すときにナットが固着していてスタッドボルトごと外れる事態に。普通なら固着したナットを外せばいいんですが、これがどうやっても外れない!!仕方ないのでこれは予備のエンジンから拝借したものを使います。

 

スタッドボルトといえばマフラーの方も外れなかった。替えのシリンダーにはマフラーのボルトがついてなく、今のシリンダーから外して使おうと思ったのですが全く取れず。これは仕方ないので普通のボルトを直でいれてマフラーを固定します。

あとで新品を買うか……

 

そんなこんなで組み付け!!プラグ穴にオイルを入れてやって、ちょっと空回し。感覚でわかるくらい圧縮が増してる!!

 

で、エンジン始動。これで2次エアとか入ってたらまた1からばらさなくてはなりません。ドキドキ

 

ポスポス……ポスポス……ブルルルルン!!!

 

無事エンジン始動!なんとかなるもんだ。

ここでもし2次エアを吸ってれば勝手に回転数が上昇したりするもんですが、今回はアイドリングも安定しています。

 

よっしゃ!!ちょっと乗ってくる!!

辺りはもう夜でしたがこうなったら乗るしかない!!もし壊れたら押して帰ろう!!

 

f:id:kamaboko13:20180611205640j:plain

 

雨降ってるけど、まあいいでしょ

 

 

乗り心地は以前とさほど変わらず、ちょっと回りやすくなったかな~

とか思ってたら、突然プスン

 

エンジン停止。慌てて何回かキックしてみるとエンジンはかかる。でもまた停止

ヤバい。。とりあえず近所だったので押して帰りました。

 

キックの圧縮はちゃんとあるし、気になるのはエンジン回すとかすかにバチバチ音がする。。。ピストンが当たってる??いやそんなまさか。

 

直キャブに雨だからそれでカブったのかもしれない・・とりあえず今日はここでおしまい。一筋縄ではいきません。

 

 

 

追記

 

どうやらキャブのセッティングが変わっていたようです。

MJを上げて125、ニードルを一番上(薄くする方)にしたらとりあえずちゃんと走るようになりました。