ぱらぱらブログ

何ともない日常から何かを発見するため、頑張って更新したいです。最近はバイクの整備記録ブログと化す。

風俗に行くのに理由が欲しい


風俗に行くのに理由が欲しい


こんにちは。最近このブログではバイクの整備記録ばかりになってましたが、たまには文章みたいなものを書きたくなった次第です。

 

これからは毎日更新を目標に、自分自身の生活についても足あとを残していきたいと思っています。これはその1回目。


さて本題に戻って、自分も一応男なので、そうゆうことにも興味があります。
彼女はいないしできる見込みもない。職場も男ばかりの工場だし、通勤もバイク。
こうなってくると日常生活で女性を見ることすら殆ど無い!

だから、たまに都内に電車で行ったりなんかすると人間の多さや女性にビビる訳です。
それでもって風俗に行きたくなる。

 

でも……本当は行きたくないんです。
その場限りの出会いでしかないし、売る方も買う方も嘘ばかりだし、お金もかかるし(これが一番でかい)……そもそもそういう場所に行く、というのだけでも少し罪悪感が湧くのです。

でも、本当の中の本音を言うなら……行きたいんです!!偽りの愛とはいえ一人のそれと比べたら随分と満たされますし、楽しい!
正直なところ、自分にはこれといった趣味もない(バイクを触るくらい)し、遊ぶ友達もいない。仕事終わって家に帰ったら酒を呑んで寝るだけの生活。自分には何にも無いんです。
だから、もっと後ろめたさ無く通いたい。

 

そのためには、欲求を満たすそれだけじゃない理由付けが必要だと思うのです。

いくつかの理由をでっちあげてみました。

 

1.女性に慣れる
普段からほぼ女性とのかかわりのない生活ですから、日に日に女性耐性が下がっていきます。そこで、風俗に普段から通っていれば女性に物怖じせずに接することができるというものです。

 

2.自分に自信をつける
風俗は基本的にはお客である自分がチヤホヤされます。その内容が嘘か本当かはさておき良い気分になるのは確か。自分の存在そのものに自信が付けられれば、人生の大抵は楽しくなるはず!

 

3.若者の空気をもらう
店の娘は大抵若いです。その流行、雰囲気、空気みたいなものを少しでも共有できれば、自分自身も少しは若くいられるかなと思うんです。若さは吸い取れる。


4.練習
女性経験の練習です。手慣れていない可愛さというのもあるかもしれませんが、そうゆうことに手慣れていた方がカッコいいと思うんです。

 

5.いざというときのために
もし、何かのきっかけに好きな人ができたとしたら。その時のために女性の扱い方を知らないとスタートラインにも立てないし、自分に自信がないと恋愛もできないし、なにより相手へのアプローチに戸惑ったらチャンスを逃す!そんなもしもの時の為、少しの少しでも女性に対する接し方を学んでおいて損はないと思うんです。

 

と、まぁこんな理由を並べてみたりして、風俗について前向きになろうとしているくらいには風俗に浸りかけています。

 

 

さて、明日の仕事終わりにまた、行ってこようかな。

 

それではまた。