おぼえがき

何ともない日常から何かを発見するため、頑張って更新したいです。最近はバイクの整備記録ブログと化す。

AD02 ラクーン ピストンに穴が空く

 

先日チャンバーを装着したのですが、そのおかげでエンジンが回る回る。

1万回転くらいから入るパワーバンドが気持ちよくてブンブン回してたんですよ。

 

走行中な~んかパワーないなと思ってシフトダウンしてアクセル吹かすもそのままスピードが落ちていく。点火せずに惰性でエンジンが回ってそのままゆっくりと停止。

 

オーバーヒート?と思いとりあえずキック。

……圧縮が全くない!!

前にクランクベアリングが焼き付いたときは明らかなベアリングの異音とキックの固着があったのですがそういった感じはない。圧縮なしでキックはスカスカとスムーズに回転する。

 

とりあえず様子を見ようとプラグを外す。すると

f:id:kamaboko13:20190519111552j:plain

 

ちょっと画像だと全く分からないんですが、プラグの電極がとろけてました!!

ネットで調べるとデポジットという状態で、やはり焼きすぎの症状らしい。火花すら飛ばなかったのでアスファルトで削って地を出すとわずかながら火は飛ぶ。

 

とゆうかよくよく見るとプラグが6番じゃないか!!

純正の指定だと8番だからそりゃあアツアツになるよ!あの遅いラクーンで8番指定なんだからチャンバー入れたら9番くらいにしないといけないハズなのに!

 

明らかに人為的なミスです。

それで帰ってシリンダーを開けてみると

 

f:id:kamaboko13:20190520064725j:plain

f:id:kamaboko13:20190520064658j:plain

こんなきれいに穴が空くんですね~~!

ピストンもズタズタです。

 

ピストンの頭には溶けたアルミの破片が溶けて固まってる。

逆にちょっと嬉しくなってきますね^^;

 

一方のシリンダーの方はピストンから出たアルミの粉がこびりついてる。クランクも手が届く限り掃除したけど下の方にアルミカスが溜まってるであろうことは明らか。

 

妙なひっかかりとかはないから腰上交換でとりあえず直りそうだけど完璧を追求するなら腰下もばらさないとだめかな~~。面倒なのでやりませんが。

 

とりあえずピストンはNSR50のが使えるので一式交換。シリンダーは再利用するしかないので井上ボーリングさんで削ってもらおうかな。

 

2stはなかなか一筋縄ではいきませんね……