おぼえがき

何ともない日常から何かを発見するため、頑張って更新したいです。最近はバイクの整備記録ブログと化す。

CD502st化計画 ‐CDR50‐

CD50にNSR50のエンジンを載せたい!ということで少しずつ作ってきましたがようやく走れる形になったのでここでまとめます。

 

f:id:kamaboko13:20210728130025j:plain

全体像。純正だとスカスカして頼りないエンジン周辺ですが、載せ替えたことで多少ぎっしり感が出ていい感じです。

 

f:id:kamaboko13:20210728130032j:plain

載せ替えに伴い純正ステップが付かなくなるのでバックステップ化。KEPSPEEDのカブ用バックステップキットを流用しています。

さらにサイドスタンド、メインスタンドも純正不可なのでカブ用パワーサイドスタンドを使用。しかしそのままではバックステップに干渉するのでスイングアームに穴を空けてサイドスタンドを固定しています。詳しくは前の記事参照。

 

f:id:kamaboko13:20210728130039j:plain

エンジン部。キャブの吸気口とフレームの距離が近いためパワーフィルターが入れられません。(90度のエルボーなら入る?)直キャブも地味なのでファンネルを入れてありますがまあ爆音です。

 

f:id:kamaboko13:20210728130048j:plain

ラジエーター周辺。フロントフォークが縮むとラジエーターがフェンダーに干渉します。衝撃緩和のため厚手の両面テープを貼ってますがここが一番悩みどころ。角度も曲がってるしあまり綺麗とは言えません。

f:id:kamaboko13:20210728130116j:plain

フェンダーはそのままだとチャンバーに干渉するので一部カットしてあります。

 

 

f:id:kamaboko13:20210728130101j:plain

チャンバー部分。チャンバーの選定も中々悩みどころです。一度買って付きませんでした、ってもの嫌だったのでフレーム下部に干渉しなさそうなチャンバーをネットで探して購入。付け根のフランジ部分も固定式ではないものを購入しました。それによりチャンバーを少し外側に逃がして取り付けてあります。バックステップとのクリアランスは数㎜足らず。

ファンネルを合わせておおまかにセッティング出しましたが50㏄でSJ40MJ102JN最薄で適正かなという感じです。でもファンネルにチャンバーも入れてるのにこのセッティングじゃ薄い気もします。でもこれ以上濃くするとかぶる。乗りながら調整していくしかないですね。

 

f:id:kamaboko13:20210728130109j:plain

エンジンマウント周り。上は5㎜厚の鋼板をカットと穴あけして固定。下は3㎜のUボルトプレートで固定してあります。ボルトの中空になった部分には長ナットスペーサーで間を止めてあります。まだ10キロくらいしか走っていませんが、特にマウントがずれたりするようなことはありません。

 

f:id:kamaboko13:20210728130131j:plain

バックステップ化によりリアブレーキが全くもって効かなくなりました。怖いのでシューはデイトナのPROシュー。ブレーキアームはプレスカブのものを流用してロング化。これでも純正より止まりませんがなんとか止まるようにはなりました。

 

 

・今後

とりあえず時速80キロ目指す

→現在最高速60くらい。混合化しているのでオイルが濃くてスピードが出ないのか、またまた部品の消耗でスピードがでないのか分かりませんがもう少し走れるようにしたいものです。

 

水温警告灯の自作

→水温センサは付けたのですが警告灯が無い。ないものは自作したい主義なのでトランジスタとLEDで簡単な警告灯くらいは作ってみたいです。そのうち記事にする予定。

 

リザーブタンク取り付け。

ラジエーターを付けたはいいのですがリザーブタンクがありません。適当なペットボトルにホースをつなぐだけでも良いらしいのでそのうち付けます。

 

 

 

VT250スパーダ オイルフィルター交換

 

全開のオイル交換から5000キロ近く走ったので前回交換しなかったフィルターも交換します。

 

f:id:kamaboko13:20210715075138j:plain

車体下から見た写真。奥のボルトがオイルドレン。手前のUFOみたいなものについているのがオイルフィルターのボルトです。

 

まずドレンから普通にオイルを抜きます。

サイズは17㎜のレンチ。ワッシャーはM12でした。

 ダークホース 汎用 アルミ ドレンパッキン 10枚組 M12×外径20mm×厚み2.0mm オイル シーリングワッシャー T1241

 

 

オイルを抜き、終わった所でドレンをまた締めます。

次はフィルター交換。

12㎜のレンチで外せます。

 

f:id:kamaboko13:20210715075714j:plain

外すとオイルがドバドバ出てきますので幅が広めの処理BOXがあったほうがいいかも。

フィルターもそこまで傷んでる感じではないですね。

f:id:kamaboko13:20210715075720j:plain

純正のフィルターと交換します。

ゴムのパッキンも同時についてくるので安心。前のパッキンはおそらくつぶれているのでマイナスドライバーなんかでこじらないと取りにくいと思います。

念のため新しいパッキンにはオイルを薄く塗ってあげます。

 

f:id:kamaboko13:20210715075347j:plain

交換するオイルはスズキのエクスター。モノタロウで安かったので買いました。ホンダの純正オイルはデザインが変わってから値下げがあまりされてなくて残念です。

 

f:id:kamaboko13:20210715081207j:plain

交換し終えたところでパッキンが一つ余ることに気づく。四角いパッキン。

あれ??何に使うんだこれ。

 

f:id:kamaboko13:20210715085625j:plain

パーツリストを見ても当てはまりそうなものはなし。

まあ純正部品はほかの車種と品番を共通にしてるものがあるので、ほかの車種に取り付ける際に必要なパッキンも同時についてくるってことなんだろうと思います。

前にXL200のキャブパッキンを買った時もほかの車種に使う用の余分なパッキンがついてきたし。ただしその時は適合の紙がついてきたんだけどなあ。

 

そんなこんなでオイル交換おしまい!特に交換前と変わった感じはしませんがフィルターも交換して気分はいいですね!24300キロです。次は30000キロで交換かな~~。

MC22s ワゴンR オーディオ交換

この車、ラジオ,CD,MD,カセットのオーディオがついていたのですが(古い)ラジオしか使えないほどに壊れていたので交換します。

 

f:id:kamaboko13:20210630104315j:plain

見た目いかにも古そう。ディスプレイに文字すら映りません。周波数を合わせるのにも一苦労。

 

f:id:kamaboko13:20210630104523j:plain

まず灰皿を外しておくと手前にある3本のねじを外します。

 

f:id:kamaboko13:20210630104526j:plain

次いでオーディオの上にあるねじも2本外す。

 

f:id:kamaboko13:20210630104531j:plain

あとはツメで固定されているだけになるので、タイヤレバーなどでこじってあげれば外せます。

 

f:id:kamaboko13:20210630104616j:plain

カバーにシガーソケットの配線がついてくるのでこれも引っこ抜きます。

 

f:id:kamaboko13:20210630104620j:plain

オーディオを固定している4本のねじを外します。これで後はオーディオのコネクタを入れ替えるだけで完成、のはずだったんですが……

 

どうもスズキのオーディオコネクタには2種類あるらしく、古いものは12ピン、最近の物は20ピンと規格が違うようです。

このワゴンRは12ピンの古いもの、用意したオーディオは20ピンのもので取り付けられず。

 

page.auctions.yahoo.co.jpなので変換コネクタで12ピン→20ピンに変換してあげます。色々探したのですがヤフオクくらいでしか見つけられませんでした。そんなに需要がないのか…??

 

f:id:kamaboko13:20210704140739j:plain

無事取り付け完了!!試しに電源を入れてみる。

……あれ??うんともすんとも言いません。変換コネクタの不良??と思い古いオーディオを繋ぎなおしてみるも動かない。あれ??

 

結論から言うとラジオのアンテナ線も接続しないと電源が入らないらしく、無事動作してくれました。よかったよかった。

f:id:kamaboko13:20210704143009j:plain

そして逆の手順で取り付けしていって完成!!

オーディオも2DINが1DINになったのでスズキ純正の1DINポケットも付けました。小物も入れられますね。

 

CDとラジオだけの簡単なオーディオですがアップガレージで800円(しかも新古品?綺麗)なのでなかなか満足です。純正品なのでそうそう壊れないと思いますし。あとBluetooth対応のトランスミッター入れて気軽にスマホから音楽も流せるので色々便利になりました。

MC22S ワゴンR エアフィルター交換と失敗??

f:id:kamaboko13:20210615135540j:plain

 

個人売買で譲り受けたワゴンR、もちろん納車整備などはされていません。

エンジンオイルは交換したので次はエアフィルターです。

f:id:kamaboko13:20210615140412j:plain

↑ボンネットを開けるには右上のレバーを引く。

 

ネットで見てみるとボンネット開けてクリップ外せばもうそこはエアクリーナーらしい。

「なんだ楽勝じゃん」と思ったのが間違いでした。

 

f:id:kamaboko13:20210615140531j:plain

↑中央のボックス手前のボックスの爪を外します。

それだけではフタが完全には外れないので+ドライバーでエアクリーナーのダクトを固定しているバンドも緩める。そうするとフタが大きく開いてエアクリーナーの交換ができるようになります。

 

f:id:kamaboko13:20210615140744j:plain

例のごとく安いモノタロウ製に交換……しようと思ったのですが、あれ??なんか違くない??

 

f:id:kamaboko13:20210615141206j:plain

なんとかハマることはハマるのですが全長が1㎝くらい長い!!

 

で、よくよく調べてみると同じMC22sでも型式によってエアクリーナーの違いがあるらしい。

そしてひっかかるのは奥の角の部分のみ

でもな~~買い替えるのももったいないし、どうにかならないかな~~と思い

 

f:id:kamaboko13:20210615150845j:plain

ハサミで上部を切り落としました。

これでどうにかケースに収まりました。

ただしフィルターが違うので性能にどう影響するか分かりません。

 

フィルターの現物を確認してから交換すべきでした;;

MC22S ワゴンR エアコンフィルター交換

 もうすぐ本格的な夏ですが、うちのポンコツワゴンRはエアコンの利きが悪い!!

 

クーラー全開にしてもあまり冷えない…これじゃ夏は乗り切れない!!

本当はエアコンガス交換をしてあげなきゃだとは思うんですが、フィルター交換で良くなってくれればと思いとりあえず交換します。

 

f:id:kamaboko13:20210615135614j:plain

エアコンフィルターは助手席下についています。

写真中央の突起を外せばすんなり外れます。工具さえいらない。

 

f:id:kamaboko13:20210615135804j:plain

とりあえず外したので新旧比較。

右のモノタロウ製のフィルターは安いのですが少しふにゃふにゃ感が否めない感じ。まあ問題はないでしょう。

 

f:id:kamaboko13:20210615135935j:plain

フィルターにUPマークがあるので向きは安心です。

取り出した方向に入れなおせばそれで終了です。

 

~交換してみて~

うん、あんまり変わりません。

エアコンから出てくる空気の匂いは良くなったように感じます。ですがエアコンの利きはやはりガスによるのか、そんなに冷えません。

 

ガス交換、DIYでできるもんかね?工具とガス代でどれくらいになるのか、そうそう交換するものではないので手っ取り早くショップにおまかせするのもいいかもしれないですね。

MC22S ワゴンR オイル交換とオイルフィルター交換

 

いきなりオイル交換から始まりますが、最近買ってしまいましたワゴンR

去年車を売り払って「お金もかかるし車はしばらくいらないかな~」

なんて思っていましたが遠出するにはやっぱり車が欲しい!という気持ちになり購入を考えていました。

そんな矢先知人の知り合いから格安で車を譲ってくれるという話が舞い込み今回のワゴンRという訳です。

 

オイル交換の記録を見ると1年と7000キロ近く交換されてないみたい。

交換しなきゃな~と思い作業に入ります。

f:id:kamaboko13:20210603100719j:plain

まずボンネットを開けます。

レバーはハンドルの右下あたりにありました。

中央の外れてる部分がオイル口です。

f:id:kamaboko13:20210603100755j:plain

まずジャッキで少し上げます。

タイヤが少し浮くぐらいまで上げればOK。なんとか潜れます。

 

f:id:kamaboko13:20210603100729j:plain

必要な工具

自分のワゴンR(MC22)の場合

・ソケットレンチ17㎜

・オイルドレンパッキン14㎜

PIAA SAFETY ドレンパッキン ホンダ用 DP31 シルバー 外22x内14x厚2mm

・オイルフィルター 

 FILTEC ( フィルテック ) オイルフィルター [ スズキ・ダイハツ・トヨタ・ニッサン・マツダ・スバル系 ] DSO-1

 

・オイルフィルターレンチ(~60㎜くらい)

で合いました。

オイル処理は要らない段ボールと新聞紙などで吸わせます。

 

f:id:kamaboko13:20210603100741j:plain

 

オイルフィルターの裏、というかオイルパンの奥にドレンがあります。

潜らないと手が入らないのでしんどい。

 

オイルフィルターは外す際結構堅かったです。

 

オイル抜いて、ドレン締めて、オイル入れようとした際に気がついた。

あっこれノズルがないと絶対こぼす奴だ!!

f:id:kamaboko13:20210603101841j:plain

仕方がないのでオイルフィルターのパッケージで簡易じょうごを作成(笑)

なんとかこぼさずに入れきりました。

ちなみに使用したオイルはこれ↓

f:id:kamaboko13:20210603113257j:plainカストロール エンジンオイル GTX 10W-30 3L 4輪ガソリン/ディーゼル車両用スタンダードオイル (鉱物油) SL/CF Castrol

ちょうど3Lなので測る必要もなくそのまま全部入れればOK!

 

自分はホームセンターで揃えましたが

全て合わせて2900円くらいでした。まあ安い店でやってもらえば1000円くらいしかトータルでは変わりません。まあ愛着が湧くといういうことで。

 

f:id:kamaboko13:20210603103348j:plain

走行距離79893。20年前の車ですがまだ頑張ってほしいですね。

CD50にNSR50のエンジンを載せたい!①~CDR50~

 

NSR50にモンキー系の横型エンジンを載せるというのはよく見かけますが、その逆にカブ、モンキー系エンジンにNSR50のエンジンを載せているという人はネットを探してもほとんど見かけません。

何年か前にモトチャンプでカブにNSRのものと思われるエンジンを載せている車体を見たことがありましたがそれもうろ覚えだし…。

 

でもまあ、なんとかなるっしょ!

チェーンは同じ420だし同じホンダ車だし、大きさもそんなに変わらない!!

 

エンジン載せ替えにあたりあらかじめ思い当たる問題点は以下でした・

1.ステップをどうするか

  →カブはエンジンにステップが付くのでNSRエンジンにすると足の置き場がなくなる。ただしこれはバックステップ化すれば解決可能のはず。

自分はこれを付けました。↓

ケップスピード スーパーカブ用 バックステップキット スーパーカブ50 cub-00019

 

2.シフトペダルとブレーキペダルの位置

  →これもバックステップ化で同時に解決可能

 

3.エンジンマウントの位置

  →自分は溶接できませんので加工でどうにかしたい。

 

4.サイドスタンドの位置

  →カブはエンジンにサイドスタンドが付くため別の位置に移設が必要。

スイングアーム固定式のものが使えるか

西本工業(NISHIMOTO) サイドスタンド NK-142 NEWパワースタンド・II NK-142 

そんなわけでとりあえずヤフオクで中古エンジンを購入。

無理やり載せたものがこちらになります。

 

f:id:kamaboko13:20210502115808j:plain

 

う~~~ん;;;

縦型エンジンのはずなのに横型エンジンみたいなポジションになってる!

下側のエンジンマウントが同じ寸法だったため、それに合わせて組んだ結果こうなりました。

バックステップ化はKEPSPEED製のカブ用バックステップになります。

 

さらにバックステップはカブ用のためCDとは微妙に寸法が合わず(バックステップはスイングアームのシャフトとブレーキペダルのシャフト位置に固定する仕組みでしたが、CDとカブではスイングアーム-‐ブレーキシャフトの長さが異なる)ステーをブレーキシャフトの位置に噛ませて少し斜めに固定しています。一応乗ってもズレませんが剛性はなさそう……。

 

このエンジン位置でマフラーを付けたところ、フェンダーには干渉するわ地面に当たるわ全く使い物になりません。

エンジン位置を見直す事にします。

 

f:id:kamaboko13:20210528121538j:plain

見た目は残念な感じですがとりあえず固定は出来ている状態になりました。

4.5㎜の鉄板を切り出しています。上側マウントは純正の位置にボルトを1本。もう一本はフレームの下にボルトを通して引っかかる形にして、一応落ちないようになっています。

f:id:kamaboko13:20210528121554j:plain

中空の部分にはスペーサーを入れてあります。気休めですが。

 

下側のマウントはUボルトプレートを噛ませただけです。プレートのサイズがガバガバなので走行中にズレないか心配になります。ただフレーム側の窪みに丁度良くハマるので、仮に上のマウントが外れたとしてもエンジンが落っこちてくるという事はないと思います…()

 

そしてバックステップ側がこちら。

f:id:kamaboko13:20210528121626j:plain

シフト側、かなりオフセットさせています。

これは上に挙げたサイドスタンドの位置の関係です。

スイングアーム固定式のパワーサイドスタンドはピポットシャフトとスイングアームの真ん中のパイプにかませて固定する仕様です。ですが、バックステップを固定するにはピポットシャフトを使わなくてはなりません。そこでスイングアームに穴を空けて、スイングアームの真ん中のパイプと穴を空けて位置をずらして固定しています。

しかしそれでもサイドスタンドがバックステップのシフトロッドに干渉するのでシャフトの長さギリギリまでスペーサーを噛ませています。

加えて、バックステップをオフセットした分シフトロッドの位置がずれるのでピロボールとステップにスペーサーをかます。これでどうにかシフトロッドが動いてくれる位置にきます。

 

f:id:kamaboko13:20210528121605j:plain

 

f:id:kamaboko13:20210528121545j:plain

 

とりあえず本日はこれにて終了。

まだまだ問題は山積みです。

マフラーの選定にエンジンマウント強度の不安。配線の組み直しにチェーンラインの位置などなど……正直上手くいくかわかりません!!

 

もし記事を見ていただけた方、エンジンスワップに伴うアドバイス、意見、アイデアなどありましたら知恵を授けていただけると幸いです。

 


f:id:kamaboko13:20210618005526j:image

 

追記

 

ようやく走れる所まで完成しました。

クラッチが張り付いていてまだ走り出せませんがマフラー等取り付けも完了、フェンダーはカットすれば問題なさそうです。