ぱらぱらブログ

何ともない日常から何かを発見するため、頑張って更新したいです。最近はバイクの整備記録ブログと化す。

お酒をやめようと思う だけ


お酒をやめようと思う だけ


いきなりですが、私は晩酌が日課です。
仕事から帰って、シャワーを浴びたらまず缶ビールを開けます。
本当は仕事から帰ったらすぐにビールを開けたいのですが、酔うとものすごく風呂に入りたくなくなるので、気持ちに鞭打ってすぐにシャワーを浴びるようにはしています。

 

飲むものやおつまみにはこだわりません。

ビールとは言いましたが別にウイスキーでもワインでも焼酎でも問題ない。つまみだって美味しいに越したことはありませんが、適当な漬物でもあればそれで充分です。

 

ぞれでもって自分は酒に弱い人間なので、350の缶ビールをひとつ空けたらもういい具合に酔います。2本空けたらぼーっとしてきます。3本空けたらベッドにバタンキューです。

 

つまり、そのくらいお酒に弱い。しかも酔うと記憶があいまいになる体質なのです。

仕事から帰ったらすぐさま酒を飲み始めて、そのまま寝たとしましょう。
飲んでいる間の記憶が薄いとすると、実感としては

仕事→帰宅→就寝→朝→仕事

という感覚になり、仕事と睡眠の2つしかない生活になります。
実際にはお酒を飲みながらTVを見たりTwitterをいじったりして何かしらはしているのですが、酔ったせいで記憶がすっとんで何もしていないのと同じになるのです。

 

これだと、精神的にかなりきつい。

 

平日夜の空いた時間にブログを書くなり読むなり、何か生産的なこと。何かと関われることをしないと精神的なひきこもりになってしまいます。そうなると気持ちも塞ぎがちになるし、自分が嫌になってきます。

 

 

そんなことを思いながら、今日も帰ったら缶ビールを空けた自分でした。
いまはまだ1本目だから、大丈夫なはず……!

風俗に行くのに理由が欲しい


風俗に行くのに理由が欲しい


こんにちは。最近このブログではバイクの整備記録ばかりになってましたが、たまには文章みたいなものを書きたくなった次第です。

 

これからは毎日更新を目標に、自分自身の生活についても足あとを残していきたいと思っています。これはその1回目。


さて本題に戻って、自分も一応男なので、そうゆうことにも興味があります。
彼女はいないしできる見込みもない。職場も男ばかりの工場だし、通勤もバイク。
こうなってくると日常生活で女性を見ることすら殆ど無い!

だから、たまに都内に電車で行ったりなんかすると人間の多さや女性にビビる訳です。
それでもって風俗に行きたくなる。

 

でも……本当は行きたくないんです。
その場限りの出会いでしかないし、売る方も買う方も嘘ばかりだし、お金もかかるし(これが一番でかい)……そもそもそういう場所に行く、というのだけでも少し罪悪感が湧くのです。

でも、本当の中の本音を言うなら……行きたいんです!!偽りの愛とはいえ一人のそれと比べたら随分と満たされますし、楽しい!
正直なところ、自分にはこれといった趣味もない(バイクを触るくらい)し、遊ぶ友達もいない。仕事終わって家に帰ったら酒を呑んで寝るだけの生活。自分には何にも無いんです。
だから、もっと後ろめたさ無く通いたい。

 

そのためには、欲求を満たすそれだけじゃない理由付けが必要だと思うのです。

いくつかの理由をでっちあげてみました。

 

1.女性に慣れる
普段からほぼ女性とのかかわりのない生活ですから、日に日に女性耐性が下がっていきます。そこで、風俗に普段から通っていれば女性に物怖じせずに接することができるというものです。

 

2.自分に自信をつける
風俗は基本的にはお客である自分がチヤホヤされます。その内容が嘘か本当かはさておき良い気分になるのは確か。自分の存在そのものに自信が付けられれば、人生の大抵は楽しくなるはず!

 

3.若者の空気をもらう
店の娘は大抵若いです。その流行、雰囲気、空気みたいなものを少しでも共有できれば、自分自身も少しは若くいられるかなと思うんです。若さは吸い取れる。


4.練習
女性経験の練習です。手慣れていない可愛さというのもあるかもしれませんが、そうゆうことに手慣れていた方がカッコいいと思うんです。

 

5.いざというときのために
もし、何かのきっかけに好きな人ができたとしたら。その時のために女性の扱い方を知らないとスタートラインにも立てないし、自分に自信がないと恋愛もできないし、なにより相手へのアプローチに戸惑ったらチャンスを逃す!そんなもしもの時の為、少しの少しでも女性に対する接し方を学んでおいて損はないと思うんです。

 

と、まぁこんな理由を並べてみたりして、風俗について前向きになろうとしているくらいには風俗に浸りかけています。

 

 

さて、明日の仕事終わりにまた、行ってこようかな。

 

それではまた。

マフラーの穴あき補修にオートウエルドを使う

 

古いバイクなんかに乗ってると、錆との戦いはつきものですが、マフラーの錆なんかはその中でも厄介なものに入るのではないでしょうか。

 

高温になる部分なのでそもそも錆びやすいし、再塗装の選択肢も耐熱用の塗料を使わないといけないので少なくなると思います。

錆で穴が開いたりすれば排気音はうるさくなるし、セッティングも出なくなります。

 

今回はそんなマフラーの穴あきについて。

車種はまたラクーンです。

 

使用するのはオートウエルド

隆成コミュニティ:超強力接着剤 JBウエルド

f:id:kamaboko13:20180831211813j:plain

溶接並みの強度!と言われる接着剤です。

耐熱は300℃ということでそこそこ。

 

で、こちらはボロのマフラー

 

f:id:kamaboko13:20180831211856j:plain

 

分かりにくいですが真ん中のボコボコに穴が開いています。

既に穴の周りをヤスリで塗装は落してあります。

 

f:id:kamaboko13:20180831212004j:plain

 

オートウエルドは白と黒の2つの液体を混ぜて接着剤として使用します。こんな風にグレーになったらOK。

使い捨てで養生テープの上で混ぜると処理も楽です。

 

f:id:kamaboko13:20180831212156j:plain

 

思いっきり塗りたくりました。

多分大丈夫。

 

オートウエルドの難点として硬化に時間がかかるというのがあります。

とりあえず一晩放置しました。

 

一晩経てばもう固くなります。完全に固まるまでは24時間かかるらしいのですが、待つのが面倒なので半日したらその上に耐熱塗装してしまいます。

 

もう半日してもう一回塗装を重ねたら、だいたい十分。

 

エンジンをかけてみると排気音が違います。このバイクこんな静かなんだっけ??!ってくらい。

 

マフラーの排気漏れがなくなってトルクも増した感じがします。

 

実はこのオートウエルド補修。前にも一度試しているのですが、その部分も確認してみた所異常なし(新しいところに穴が開いた;;)そちらはまだ直して2か月程ですが、十分使えますね!!

 

 

これならツーリングいけるな~~!

AD02 ラクーン NS50Fキャブ

 

うちのラクーンにはPE24がついているのですが、どうもセッティングがきっちり決まりません。

 

outofnikuyoku.hatenablog.com

この記事以来、ずっとセッティングに悩まされてきました。下に合わせてセッティングすると上が合わないし、上に合わせると今度は下が……と、かな~りシビアなのです。

 

それと問題はまだあって、PE24を取り付けるとキャブとフレームが干渉寸前になるのです。これだとエアクリを取り付ける隙間もなく、結果茶こしみたいなフィルタしかつけられなくなります。

すると天候の影響を受けやすくなり、さらにセッティングが出しにくくなるという問題だらけ!

 

そんな訳で、ラクーンのインマニにポン付けできるns系のキャブを購入。安かったのでNS50Fのものです。3000円!

 

f:id:kamaboko13:20180826193330j:plain

 

左がラクーン。右がNS50f

 

f:id:kamaboko13:20180826193406j:plain

 

穴の大きさが随分違いますね。あとスロットルバルブの直径もNS50Fの方が大きいです。

ラクーンのキャブが小径なだけなら、ヤスリで無理矢理広げれば良かったのですがそうもいかず。ラクーンキャブってSJがないんですよ。つまりエアスクリューの調整の範囲を超えてしまうとセッティングが出せない!!

 

~~で、早速取付け。MJ115、SJ40から初めて最終的にはMJ100、SJ40に落ち着きました。

 

乗り味としては、だいぶマイルドになったかなという印象。

正直、セッティングが出たPE24の方が明らかにパワーがあります。でもこれなら全域でセッティングが出るんです!ツーリングなんかだとやっぱり乗りやすさが重要ですし……そんなに飛ばす人でもないですから、これで十分。

 

もう少し涼しくなったらツーリングに行こう。

AD02 ラクーン ボアアップキット導入

 

先日、ラクーンをボアアップさせようと思いボーリングを決行しましたが惜しくも失敗。

 

outofnikuyoku.hatenablog.com

どうもラクーンのシリンダーは薄いみたいで、ボーリングするにしてもオーバーサイズピストンくらいが限度なのではないでしょうか。

 

ボーリングがダメとなると、ボアアップキットを探すしかありません。しかしネットで検索するもボアアップキットはどこも販売終了しているみたい。

全くないことはないのですが、ヤフオクに4万円のボアアップキットがあるくらいで……流石に高いし、キットの排気量がかなり大きいので壊れやすそう&補修部品が手に入らないという問題点もあり、買いたくはありませんでした。(これが半額なら買ってた!)

 

ラクーンのエンジンはMB50、MB-5 、MTXと共通らしく、部品取りは結構幅広くできます。ラクーンよりも人気のあるMB50の生地を調べていると、何やらMBは海外で結構人気がある車種らしいのです。

 

海外、なるほど海外! もしかしたら海外のサイトから部品を取り寄せることができるのではないか??

 

ものは試しと、アメリカ版ヤフオク?ことeBayにて検索してみました。

 

www.ebay.com

めっちゃある!!!

中古品どころか新品まである!しかもボアアップキットまで!!

なぜ日本のバイクなのに日本より海外の方が品揃えが良いのか、やはり海外でそれなりの人気車種なのでしょう。

 

早速こちらのボアアップキットを購入しました。

f:id:kamaboko13:20180826185304p:plain

 

英語で住所を入力したり、文章をgoogle翻訳にぶちこんだりして色々見ながらなんとか購入できました。英語が苦手な方はセカイモンという日本語版eBayもあるのでそちらを使ってみるのもいいかもしれません。

 

 

そして…………届きました!!

f:id:kamaboko13:20180826190359j:plain

こいつがドイツからはるばる船で運ばれてきたと思うと感動ものです。

しかも発送から到着までも意外と早く、注文した次の日には発送、二週間たたないうちには家まで届いてしまったのです。

f:id:kamaboko13:20180826185803p:plain

 

気になる中身はこんな感じ。

 

f:id:kamaboko13:20180826190317j:plain

 

f:id:kamaboko13:20180826190344j:plain

f:id:kamaboko13:20180826190419j:plain

 

全体的な作りは、だいぶバリはありました。ピストンやシリンダーの角はヤスリで軽く磨いてあげました。マフラーのスタッドボルトも最初からついていたのは嬉しい誤算でした。

 

商品説明だと70㏄とのことでしたが、どうもシリンダーは45㎜っぽい。てことは65㏄では??そんなにボアアップしてないけどまぁいいか。

 

そして組み込み。この辺は前にピストン交換してるから楽なものです。車体からエンジンを下ろさずとも交換できるのが良いですね。

 

f:id:kamaboko13:20180826191022j:plain

 

エンジンはボロなのにシリンダーだけぴかぴかです。

 

現在慣らしも終わり(といっても100キロくらいしかしてませんが)感想ですが、やっぱりボアアップは良いです!

 

65㏄なので1.3倍の排気量になったわけですが、そのまんま1.3倍パワーアップした感じですね。ギア比は変更してないのですが最高速も+10くらい。出だしもかな~りスムーズになりました。なんせ1.3倍ですからね。

 

セッティングもMJ5番上げくらいでとりあえず問題なさそう。

不安な点としては、空冷なのでエンジンの発熱が心配(実際、前より熱は持つ)なのと、OH時ガスケットの予備が存在しないということ。銅板を切り出すしかなさそう;;

 

なにはともあれボアアップは無事成功。これで交通の流れにスムーズに乗れますね!!

もし焼き付いたとしても、nsr用の46㎜ピストンなんかは普通に流通しているのでこれに合わせてボーリングしてもらえば問題なし!

そしてパーツがないときには世界に目を向けるという手があるんですね!

 

ありがとうございました。

 

f:id:kamaboko13:20180826192142j:plain

 

AD02 ラクーン クラッチ交換とオイルポンプ取外し

 

前々から混合仕様だったラクーンですが、オイルポンプはそのままでした。

 

オイルポンプを外すにはクラッチカバーを外さないといけないので一緒にやっちゃいます。

 

f:id:kamaboko13:20180803003104j:plain

 

まずはガスケットの切り出し。

 

純正部品ではもうガスケットが廃盤になっているので自分で切り出すしかありません。

今まではカッターでネジ穴部分の穴を無理やり開けていたのですが、今回は皮ポンチでブチ開けました。すごく楽で綺麗に空きます。

 

f:id:kamaboko13:20180803003428j:plain

 

クラッチを空けます。これはもうクラッチ本体を取り外してますね。

 

f:id:kamaboko13:20180803003531j:plain

 

そしてこれが、クラッチプレート。左がラクーン用。右がnsr50のもの。全く同じです。パーツリストを眺めていて、もしやと思ったのですが、ドンピシャでした…!

 

f:id:kamaboko13:20180803003704j:plain

 

もちろんスプリングも同じ。流用の幅が広がりますね。

 

それでもってオイルポンプを外します。ここはちょっと写真を撮り忘れてしまったのですが、手順としてはオイルポンプにある二カ所のボルトを外して、あとは引っこ抜くだけです。樹脂製のギアも一緒に外せます。

 

f:id:kamaboko13:20180803004012j:plain

 

わかりにくいですが、オイルポンプを外した画像です。

ポンプの付いていたところにはメクラ栓がはめてあります。

コチラは純正部品で 90851-735-802

で注文できます。念のため、栓には液体ガスケットを塗っておきました。

 

で、クラッチはns系のものと同じだったのですが、違うのがそれの固定方法。ネットを観ているとどうもns系のクラッチクラッチナットでがっちり止まっているみたいなの

ですが、ラクーンの場合はサークリップ一つで止めてあるだけでした。特殊工具がいらないぶん楽ですが、信頼性がイマイチとも言えます…。てゆうか事前に特殊工具買ってしまったのが無駄になってしまいました;;

 

f:id:kamaboko13:20180803004657j:plain

f:id:kamaboko13:20180803004716j:plain

 

で、最後クラッチのギアをはめる前に2カ所の切り欠きを合わせてからはめます。これはns系のエンジンと全く同じなので、「nsr50 クラッチ交換」なんかで検索すればいくらでも情報は出てきます。

 

 

そして乗ってみた感想ですが、めっちゃ良いです!!

 

オイルポンプを外したことで出だしがスムーズになりました。おそらく駆動ロスがなくなって、エンジンが回りやすくなったのでしょう。最高速も80オーバー出せるようになりました。

 

クラッチもきちんと繋がるようになって、今までのにゅるっと発進していた感じがグ、グっとエンジンから力伝達している感じ?がわかります。

それに、今まではクラッチが固着ぎみでレバーを引いても若干クラッチが繋がった状態だったのですが、それも解消されました。ギアもスムーズに入ります。

 

 

思いのほか効果のあったオイルポンプ取外しと、クラッチ交換。純正部品の流用も確認できて、良い収穫でした。

AD02 ラクーンボアアップ計画 ~ボーリング編~

 

前回CDIを新調しましたが、やはりそんなに速くならない。

 

こうなったら手っ取り早くボアアップじゃ!!!

 

と、これがnsrやらカブ、モンキーなんかだとすぐにキットが手に入るってもんですが、ラクーンとなるとそうはいきません。

 

同系列のMB系のボアアップキットは存在するのですが、探してもどこも欠品。

ヤフオクやwebikeを見るとMB用のボアアップキットの出品はあるにはあるのですが、どうも相当排気量がでかいやつしかない。100㏄くらいあるのか、スリーブがペラペラです。しかもピストンリングが1本とか。耐久性が不安すぎます。

補修部品は手に入る見込みもないから、これは見送りです。てゆうか高いしね…。

 

page.auctions.yahoo.co.jp

www.webike.net

 

 

そこで考えました。

 

前回のピストン流用でns系のピストンがラクーンに入ることは実証済み。

 

outofnikuyoku.hatenablog.com

 

それなら、ns系のボアアップ用ピストンの大きさにシリンダーをボーリングしてもらえば良いのでは!!!

 

我ながら名案です。

そこで、ボーリングでは有名らしい井上ボーリングさんに依頼しました。

 

www.ibg.co.jp

オーダーシートに記入し、シリンダーとピストンを送り見積もりが返ってきます。

 

使用予定のピストンがこれ

www.webike.net

 

----------------------------------------------------------------------
御注文合計金額:\21,924
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
HONDA
 ラクーン AD02
----------------------------------------------------------------------
商品コード:BGP
商品名:ボーリングプラトー仕上げ ¥14,040
数量:1
単価:\14,040
金額:\14,040
----------------------------------------------------------------------
商品コード:CL
商品名: CLRS0.05mm
金額:\0
----------------------------------------------------------------------
商品コード:up
商品名:5mmUP1mm以上加工料) ¥1,440
数量:4
単価:\1,440
金額:\5,760
----------------------------------------------------------------------
※ポート面取りはご指示により実施せず
----------------------------------------------------------------------
商品コード:3
商品名:支給部品:後日支給してもらう?
金額:\0
----------------------------------------------------------------------
商品コード:4
商品名:発送料
数量:1
単価:\500
金額:\500
----------------------------------------------------------------------

----------------------------------------------------------------------
※到着確認連絡希望(MAIL6/28
----------------------------------------------------------------------
< 税抜合計金額 > \20,300
< 消費税 > \1,624
< 合計 > \21,924

 

プラトーホーニングってのは慣らし運転がいらない特殊な加工らしい。せっかくなのでそれもお願いしました。

 

 

 

~そして後日~

 

井上さんからの電話

「あの~。お送りしていただいたシリンダーなんですが、アルミ地が出てしまって……」

 

どうゆうことか、つまりこうなりました!!

 

f:id:kamaboko13:20180802004153j:plain

 

限界を超えてしまったんですね…!!!!

スリーブを突破して外側の金属がむき出しになっています!!

 

ちなみに反対側

f:id:kamaboko13:20180802004311j:plain

 

ちょっとわかりにくいですが、こちらはまだ地は見えていません。

完全に、自分が欲を出したのがいけなかった。もっと小規模なボアアップならこんなことにならずに済んだのに;;

 

井上さんが言うには、スリーブを作り直せば再生可能とのことですが、お値段が7~8万はするとのこと。流石にそれは払えない。

 

とりあえずシリンダーは返送していただいて、今に至ります。ボーリング代の料金こそ請求はされませんでしたが、貴重なシリンダーが一つ死んでしまいました。

 

もう予備のシリンダーはない!さてどうするか……(続く?)